ABOUT

Our Programs

3つのプログラム

ココロが踊って、カラダが舞って
私たちは表現力を高める3つのプログラムを
ご提供しています。

スクール

『ダンスを楽しむ』ことをモットーに、自分の思考の枠を超えていく

ワークショップ

みんなの前に立つ。その1歩を踏み出す勇気をきっと仲間は応援する

企業研修

どんな時でも今の自分の最大限を発揮できるようになるために

TO MY HERO が伸ばす
5つの力

自己表現力

あらゆる事を自分ごととして
捉え、考え、発信するちから

主体的行動力

自分の周りにいる人たちを感じながら、
率先して行動を起こせるちから

チャレンジ精神

どんなことにも
立ち向かっていくちから

身体的思考力

心の声を正直かつ、
無意識的に体現するちから

共感力

相手のどんな表現も受け入れ、共に
感じる空間を創出できるちから

自己表現力

あらゆる事を自分ごととして
捉え、考え、発信するちから

主体的行動力

自分の周りにいる人たちを感じながら、
率先して行動を起こせるちから

身体的思考力

心の声を正直かつ、
無意識的に体現するちから

チャレンジ精神

どんなことにも
立ち向かっていくちから

共感力

相手のどんな表現も受け入れ、共に
感じる空間を創出できるちから

1. 挨拶・返事をはっきり伝える


はっきり伝える

2. 自分と人の本気を馬鹿にしない


馬鹿にしない

3. 感謝の気持ちを忘れない

忘れない

からだを使って、
想いをつむぐ。

言葉を使わず、思いのままに身体を動かす。
不自然でもいい、上手くなくてもいい。
でも、それが自分自身からでたこころの本音。
私たちのプログラムは、
『非言語コミュニケーションを体験する』
からスタートします。
自分を受け止め、相手を受け止め、
ありのままを肯定する。
身体は嘘をつかないこと、そして心体的な一体感を
感じられるプログラムを提供しています。

Message

TO MY HERO Project
代表者の言葉

ー私たちの目指す世界

『人は生まれながらにして誰かのHEROである。』



このテーマは私自身の体験と友達に対して抱いていた想いによって、生まれたメッセージでした。





私自身、少し前まで”人に頼れない”、”人を信用できない”人間でした。
何ごとも一人で考えすぎてしまい、自分で自分を責めたり、 周囲の人が自分の悪口を言ってるのではないかと、
いつも気にしていました。
ずっと味方でいてくれた私の友達も似たような性格をしていました。 その友達も自分に悲観的で、 なんでそんなに自分を責めるかわからないほどその友達は素晴らしい人間性で私には持ち合わせていない様々な強みを持っていました。

これは後にお互い同じ事を想い合ってることを知るのですが、、、



やはり、自分だけの力ではなかなか自分の存在意義は見出しにくいですが、 仲間が応援してくれてる事を感じたり、大切な存在に日頃の感謝や、 自分の想いを伝えたりする機会が本当に大切だなと感じこのプロジェクトを発足しました。



仕事でも、学生生活でも、なかなか自分の感情や想いを表現できる機会が極端に少ないなと感じています。

このプロジェクトを通して、もっと自分の魅力に気づき、ありのままの自分でいれる空間をデザインしていきます。

代表 菊地 雄亮(きくち ゆうすけ)